5分で分かる婦人科検診の豆知識

5分で分かる婦人科検診の豆知識

婦人科を受診する理由としては、不正出血、生理不順など様々な理由がありますが、健康なときから積極的に婦人科検診を受診し自分の体の状態を知っておくことは重要です。

婦人科検診には主に子宮頸がん、子宮体がん、エコーによる膣、卵巣の状態を知ることなどが挙げられますが、20代を超えたら子宮頸がんの検診は受けておいたほうが安心です。

子宮頸がんは男性との性交渉のときウイルス感染する場合もあり、性交渉の経験がある人は若いうちに受けておいたほうがいいです。

簡単な触診と子宮けい部の細胞をめん棒のような物でこすりとるだけなので、3分もしないうちに終わり痛みもありません。

40代後半になったら子宮体がんになる人が増えてくるので、子宮体がんの検査を受けておいたほうが安心です。

こちらの検査を痛みや、少々出血する場合も人によってはあります。

しかしがんは早期発見、早期治療が大切なので、命を守るためにもぜひ受けておきたい物です。

不安解消!婦人科検診最新情報まとめ

近年、女性は三十代に入れば、毎年婦人科検診を受けるように推奨されています。女性特有の臓器である子宮、そして女性ホルモンの影響を受ける乳房は、がんができてしまうことも多く、女性の死亡率の高い疾患としても取り上げられることも多いですが、どちらも早期に発見し、適切な治療を受けることができれば完治させることも可能で、治療も患者側に取って負担の軽いものになります。婦人科検診は大きく分けて、子宮を診るものと乳房を診るものになりますが、どちらも三十代くらいから受けるように、各自治体のほうからも案内が個人あてに届くようになっているようです。そういった案内をきっかけに指定された医療機関で受ければ、非常に安い負担金で検査が受けられるので、毎年でも無理なく調べてもらえるはずです。こういった検診で、がん以外の疾患が見つかることもあり、毎月の生理時の異常が解明されることもあるので、自分や自分の大切な人のためにも、しっかりと検査は受けるように心がけましょう。